じゃこ天の元、はらんぼです。

はらんぼとはなんぞや?

はらんぼは宇和海に生息する「ほたるじゃこ」と呼ばれるスズキ科の小さなお魚の地方名です。
お腹から尾にかけて発光することから「ほたるじゃこ」と呼ばれるようになったようです。
このはらんぼはお刺身など生で食べても美味しいのですが、ご覧の通り小さな魚なのですり潰して練り身(じゃこ天)にするのが一般的な食べ方です。
東雲かまぼこでお客様にお出ししているのは加工されてじゃこ天になったはらんぼだけなのですが、
ぜひ一度愛媛にいらして観光ついでに新鮮なはらんぼを食べてみて下さい。
きっと気に入って頂けると思います。

100%はらんぼじゃこ天は期間限定品

はらんぼはいつでも獲れる魚ではないのです。時期によっては少量しか獲れず、魚市で高値が付くこともままあります。そんな時期のはらんぼをじゃこ天にしてしまうと少量しか作れない上、高い値段がついてしまいます。ですから安心して皆様に食べて頂くために期間限定商品とさせていただいております。

もちろん冷凍もののはらんぼを使えばお出しすることも可能なのですが、味が落ちてしまいお客様に納得して頂ける物が出来ないため、当店は冷凍物は使わず獲れたて新鮮なはらんぼだけを使用しています。
結果、期間限定になってしまうのですが、あしからずご了承くださいませ。

はらんぼ実物大
はらんぼはとてもキレイな魚です。実際の大きさは10cmほどです。